社長挨拶

代表取締役社長 小河 通治

弊社は、大正元年に創業して以来一世紀以上にわたり鋼板一筋に精進して参りました。時代の変遷に即応しながら、常に企業体質の強化を計り、設備の増強並びに施設の改善に取り組んでおります。弊社の主力取扱い商品は、薄鋼板から中・厚鋼板に至るまで幅広い鋼種を品揃えし、ニーズに即応できる万全な態勢を整えております。 高度な鋼板加工技術により付加価値の高い鋼板供給が弊社の使命と考えます。需要ニーズは、小ロット・多品種への変革に対し、弊社では、 逸早くミニサイズ切断加工専用のオリジナルマシン「ミニロータリーレベラーシャーライン」の開発に着手し、昭和54年に完成稼働致しました。このオリジナル・コンパクトマシンの性能と加工精度は既に 立証され国内並びに海外からも引合いを頂き、輸出実績をもつ システムラインであります。
また昭和12年に大阪建材工場を開設、メタルラス・リブラス等、 建材製品の製造販売に参入し、需要開発に努力してまいりました。 昭和47年に京都府木津川市に京都建材工場を開設、事業拡大と共に、エキスパンドメタル・ストラットグレーチング・フロアウォーク等の新製品を開発すると共に、新分野の需要開発に努力致しております。「キャッスルムーン」は弊社のブランドであります。JIS表示認定工場のプライドをもって皆様のお手許へ製品をお届けすると共に、海外へも輸出実績のある製品でございます。
弊社はコイルセンター並びに建材メーカーを擁する特異な鉄鋼製品商社でございます。「信頼と誠実」をモットーとし更に研鑽を積み、弊社一丸となり、皆様のご期待に報いるよう努力致す所存であります。今後とも一層のご愛顧を賜りますよう伏 してお願い申し上げる次第でございます。