会社沿革

大正

大正元年(1912)
本社所在地において、初代社長小河信一により創業。

昭和

昭和12年(1937)
大阪建材工場開設、メタルラスの製造販売をはじめる。
昭和22年(1947)
株式会社に組織変更、小河信一 社長に就任。
昭和33年(1958)
日鉄製鋼株式会社の一次商社に指定。
昭和34年(1959)
小河信一会長に就任、小河定彦社長に就任。
昭和40年(1965)
鋼板加工(コイルセンター)、大高鋼板工場開設。
昭和47年(1972)
京都建材工場新設(京都府相楽郡)メタルラス・エキスパンドメタルの量産を始める。
昭和49年(1974)
大高鋼板工場、レベラーカットシャーライン、スリッターラインを増設。
昭和52年(1977)
本邦初、第1号ロータリーレベラーシャーライン導入(大高)。
昭和55年(1980)
ロータリーレベラーシャーライン2号機とスリッターラインを新設。
昭和59年(1984)
バロース社製コンピュータ導入、本社・大高間オンライン化。
昭和63年(1988)
大高営業部を開設。製販一体となり合理化推進。

平成

平成元年(1989)
ユニシス社製コンピュータ導入、本社・大高・大阪・京都の各事業所オンライン化。
平成2年(1990)
コイル材専用自動搬送ラック倉庫設置、1120t収容。
平成4年(1992)
京都建材工場、大型エキスパンドメタル製造機設置。
平成6年(1994)
ユニシス社製コンピュータ並びに高速通信回線多重化装置を採用、内線化する。
平成8年(1996)
大高鋼板工場製品倉庫増築。シート材専用自動ラック倉庫併設、1028t収容。
平成10年(1998)
小河定彦会長に就任、小河通治社長に就任。
三重建材工場新設(三重県多気郡)。
平成11年(1999)
ユニシス社製コンピュータ並び、サーバー(5台)を採用。全社間Lanを構築。
平成14年(2002)
「ISO14001」の認証取得。
平成15年(2003)
本社新社屋完成。
平成22年(2010)
ユニシス社製コンピュータ導入。
平成24年(2012)
創業100周年。設立65周年。

▲ このページの上へ戻る